診療化成からのお知らせ

投薬瓶への想い

 

投薬瓶を作る側の想い

 

当社の投薬瓶は使用して頂ける患者さんに使いやすくて喜んでもらえるように

見やすさ便利さと信頼性を心がけ、満足して戴ける物をお届けできるよう努力しています。

この想いは容器にも包装にもダンボール箱にも、こだわりを盛り込んでいます。

 

 メモリ検査の様子

その1

目盛は正確です。投薬瓶は目盛が命です。

特にプリント目盛は、1日に4回計量して目盛振り分けをしている為

印刷位置や容量の誤差はほとんどありません。

この考え方は無地瓶も同様で目盛は正確です。

1日4回、確認しています。

 

ボトルの未滅菌

その2

衛生的、ほとんど少数(10本)でポリ袋に入っている為、長期保存でも異物やホコリが入りにくいです。

又滅菌瓶は1本1本が個包装なので開封しなければ半永久的に衛生的です。滅菌瓶はキャップが締めてあり、衛生を維持する為の努力もしています。

 

 

 滅菌個包装です。

 

スクリュー掃除後です。のサムネイル画像

その3

ゴミ、異物、焼け焦げは毎年、改善を繰り返し行い非常に少なくなっています。

熱をかけるのでコゲをゼロにすることはできませんが、いろんな工夫をして少なくする努力を続けています。

働く人たちが環境整備に力を入れ、汚れ、異物になる要素を徹底して掃除し排除しております。

 整理整頓されています!!

 みんなの努力の結果綺麗になっています。

環境整備チェック中です。

環境整備を毎週チェックしています。写真は、チェックの様子です。

品質向上に向け厳しい審査を行っています。

 

 取り出し窓です!!

その4

ダンボール箱はしっかり厚く 梱包や発送でもつぶれないような箱を選定しています。

 取りだし窓口はお客様に大変好評です。

 

 商品が袋詰めされてきます。

 その5

無地瓶などは成型機から人の手に触れずに袋詰めされています。

それから品質の確認をして箱詰めしています。

 袋詰めされてます。

 

その6

油圧成型機から環境に優しい電動サーボ成型機に変更され

油によるトラブルや汚れなどが少なくなってきました。

電動サーボ成形機です。