診療化成でのできごと

9月の改善提案、チョコ案

2012.11.22

それでは、9月の改善提案、チョコ案のMVPと準MVPを発表したいと思います。 

 

 

 

改善提案MVP

 

 

 

印刷課の金澤康俊課長

 

印刷課長の金澤康俊さん

 

改善提案

 フィルムの発注がいつもギリギリになってしまっていた為、このフィルムを使ったら発注が必要だと示す表示を作成しました。

 

 発注目安の表示発注目安の表示

 

 

 

改善結果

 フィルム30巻目に発注目安の用紙を貼っておき、その用紙がついたフィルムを使用した人がフィルムを発注する時なんだと分かるようにしました。

発注依頼が必要だと分かるようになった為、発注依頼が早めにくるようになり発注が遅れることが無くなりました。

 

 

 

改善提案準MVP

 

 第二仕上げ主任の鈴木明美さん

 

第2仕上げの鈴木明美主任

 

 

 改善提案

けんだくボトルのバラ10本包装の際にけんだくボトルの取扱説明書を10枚綴りにする作業が必要でした。

発注先で10枚綴りにして印刷していただけるよう手配し納品していただければ、10枚ずつに数えて分ける作業が無くなるので作業効率アップに繋がると思います。

 

 

改善結果

発注先で10枚綴りにしていただきました。

10枚綴りにする作業が無くなり、仕事の簡素化と作業効率が大幅に上がりました。

 

 

 

秀作は、名前のみの発表とさせていただきます。

 

秀作

 

 鈴木明美 主任

第2仕上げの鈴木明美主任

 

 鈴木尚美 主任

出荷の鈴木尚美主任

 

 

続きましてチョコ案の発表です。

 

 

 

チョコ案MVP

 

 金澤聖子 さん

 

出荷の金澤聖子さん

 

 

改善提案

お弁当の注文もれや記入ミスが多く、お弁当が足りなくなってしまうことが多くあったので、注文用紙を新たに作りました。

今までの注文用紙は、自分の名前のところにマルを付ける形になっており、文字は、小さく行が狭かった為、分かりづらく間違いが多かったんだと思いました。

そこで、新しく注文書を作成しました。

 

 

改善結果

新しい注文用紙では、注文する人は自分で名前を書いてもらう形にして注文したかどうかを明確に分かるようにしました。

そしてその用紙をお弁当置き場に貼りだし、お弁当を持っていく際に自分が注文したのかどうかをきちんと確認してから食べていただくようにしました。

注文用紙の文字を大きく行も広くしたので、誰が何を注文したのかが一目でわかりやすくなり自分で確認してもらうことで間違いを防ぐことができると思います。

 

 

 

チョコ案準MVP

 

 第2仕上げの後藤真理子さん

第2仕上げの後藤真理子さん

 

 

改善提案

 

滅菌商品を1袋ずつ重量を量り1箱完成後に台車に載せオートチェッカーまで運んで重量を再度量っていた為、時間と手間がかかっていた。

 

 

 

改善結果

 

箱詰めライン1箱完成後その場で1箱の重量を量りその場でパレットに載せて完成できるようにしました。

同じ場所で2つの作業ができるようになった為、無駄な動きが無くなり簡素化と時間短縮になりました。

 

 

 

秀作

 

成形課の芳賀和樹 さん

成形課の芳賀和樹くん

 

成形課の金澤大介さん

 

成形課の金澤大介くん

 

第3仕上げの  左:松本和子さん  右:鈴木千寿さん

 

第3仕上げの松本和子さんと鈴木千寿さん

 

鈴木真由美 さん

出荷の鈴木真由美さん

 

秀作は、5名でした。

 

改善提案とチョコ案ですが、一度改善した部分を更に改善するということも一つなのではないかなと思います。

一度改善をしてみてることで新たな問題が見つることもあります。

そして新たな改善提案をだし更に良くできればいいのではないでしょうか。

 

改善提案やチョコ案で困った際には、もう一度改善した部分を見直してみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

このブログの記事