事業紹介

より良い商品を、より安く、より早くをモットーに、医療用プラスチック容器専門のメーカーとして、「医療容器日本一」を目指し発足しました。

成形課   菊地 弘己(左)菊池 喜昭(中)大越 祥智(右)
ブロー成形機、射出成型機での成形作業投薬瓶、
軟膏容器が生まれる場所です。
  成形課担当の大越課長(右)
やる気のある若手に期待!!
全員で一丸となり頑張っております。

ブロー成形による投薬瓶、射出成形による軟膏容器をはじめとした、各種プラスチック容器に、当社独自の技術を加えて製造しております。

印刷課   金澤 康俊
世界NO.1シェアの機械(イタリア製)を導入し
プラスチック容器に正確なメモリを印刷しています。
  印刷課担当の金澤課長
綺麗な印刷で最高のものづくりを!!

主力のプリントメモリ瓶においては、従来、曲面への印刷が難しいとされていましたが、プラスチック用曲面印刷機をいち早く導入し、精度、性能、生産効率、スピード化の全てを実現しています。

仕上げ課   益子 ひとみ
個包装滅菌を医療業界で最初に導入。
製品を箱に詰める作業やスポイトカット、
検品を行い商品を仕上げる部署です。
  第1仕上げ担当の益子主任
お客様に安心して使用していただける
商品作りがモットーです。
鈴木 明美   近藤主任
第2仕上げ担当の鈴木主任
次行程は、お客様を合言葉に
製品作りに励んでいます。
  第3仕上げ担当の近藤主任
軟膏容器の個包装でお客様より
更に喜ばれる商品作りに努めています。

商品包装においても、個包装滅菌(1本毎に袋詰めし滅菌)を医療業界で最初に導入。
未滅菌軟膏容器でも業界初の取組みとして、従来1袋100個入り等の包装形態を、お客様の利便性を考慮し、1袋10個入りとする生産ラインも完成し製造を開始しています。

出荷   鈴木 尚美
完成品の受け入れ、在庫管理、出荷業務等を
行いお客様に最高の状態でお届けする部署です。
特殊リフト担当の金澤俊君。
  出荷担当の鈴木主任
日々、緊張感と笑顔を持って取り組むよう
心がけています。

又、シンリョウグループ間のネットワークにより、全国のお客様からの注文も即座にオンラインで処理され、注文の翌日にはお届けできる出荷システムも確立しております。

今後は、ロボット化、無人化を通じて、更なる高品質、生産効率向上、コストダウンへ向けてさらに開発体制を強化していきます。